今さら聞けない!?ecサイトって何のこと?

そもそもecサイトって何?

スマートフォンの爆発的な普及で、通販業界は活況を呈しています。そんな中ecサイトという言葉を聞く機会も増えましたが、漠然とイメージはできるものの、正確には何の略か分からないという人も多いのではないでしょうか。ecサイトとは、Electronic Commerce Siteの略で、「電子的な商取引のサイト」を指します。オンラインショップ・Webショップと同じ意味で使われることもあり、特定のサービスや商品を提供するサイトを広く含みます。動画や音楽の配信サイト、インターネットバンキングのサイトなどもecサイトの1つです。大きくモール型と自社サイト型に分けることができます。モール型とは、有名大型通販サイトのように、1つのサイト内に多くのショップが出店している形態のものをいいます。一方、モールを利用せずに自社サイトを開くには、いくつかの方法があります。

モール型と自社ショップ型のメリットと注意点とは?

モール型の良いところは、モール運営会社が広告を出してくれるので、自分で喧伝しなくてもお客が集められるところにあります。利用料や売り上げ手数料を支払えば、すぐにも自分のお店をモール内に持つことができるのです。しかし一般に利用料や手数料は安くないことが多く、純利益を上げるのが大変だという問題もあります。一方自社サイトでは、集客は自ら行う必要が出てくる他、決済をするためのカートシステムをどう構築するかがポイントになってきます。カートシステムをレンタルする方法が最もシンプルで、自分のサイトから決済の時だけリンク先のレンタルサイトに飛ぶことになります。カートシステム付きのレンタルサーバーにショップを構築する方法もあります。またオープンソースやパッケージソフトで提供されているカートシステムのソースをカスタマイズして自社サイトに構築する方法では、高度な専門知識やスキルが必要となるでしょう。

© Copyright Internet Business Online. All Rights Reserved.